今年の9月までに、プレミアリーグクラブの半数以上がギャンブル関連企業とジャージー・スポンサー契約を結びました。

チャンピオンシップおよびリーグ1まで見ていくと、さらに16のチームが同様の契約を結んでいることが分かります。

シャツに企業ロゴを入れるというスポンサー契約を結んでいなくても、多くのチームはギャンブル関連企業と何らかの形で関係を持っており、それは「主要パートナー」を装ってなされていることがほとんどです。

そうでないチームもある一方で、ギャンブル企業とスポンサー契約を選ぶのはなぜでしょうか?

これは道徳的な判断に基づくものなのではないかと勘繰りがちですが、ほとんどの場合、他の企業と比べて、契約が好条件かどうかという単純な問題です。

結局のところ、サッカーというスポーツは、以前アルコールやたばこ業界に後援されていたため、道徳上、悪影響かどうか考えるのは、ほぼ確実に筋違いなのです。

かといって、道徳上の懸念がないというわけではありません。現在、フォレストグリーン・ローヴァ―ズは、倫理的に運営されているサッカーチームとして、ヴィーガン食を提供し、ギャンブル企業とのスポンサー契約は断っています。

フォレストグリーンやその他ギャンブル関連企業に道徳上の異議を唱えるクラブチームは、サッカー連盟およびリーグが全体として、彼らに賛同するわけではないというジレンマに直面しています。

結局のところ、現時点では、FGRはSky Betの後援を受けるリーグ2に加入しています。皆さんがこの記事を読むころには、別の企業の後援を受けていたとしても、チャンピオンシップ、リーグ1、そしてリーグ2は以前、ギャンブル事業の後援を受けていたという事実から、サッカーとギャンブルビジネスの関連性について知っておくべきことがすべて明らかになるでしょう。

サッカー賭博は、常に人気が高くあり続けてきましたが、インターネットを使ったギャンブルの導入および成長は、賭けのやり方や時間を変えただけではなく、ギャンブルの在り方そのものを変えました。

イン・プレー・ベッティング(自宅でのプレイ)のおかげで、ギャンブラーは誰が勝つか、もしくは最終的なスコアはどうか、などといった従来の賭け方に頼る必要がなくなったのです。

今では、コーナーキックは何回行われるか、次のスローインを獲得するのはどのチームか、最初のイエローカードが出るのはいつか、などのことに賭けられるようになりました。

賭けることのできる事柄が、無限に近いくらい数多く存在するという地点まで、オンライン賭博市場は開けています。これは良いことなのか?悪いことなのか?…どちらでしょうか。

それは、あなた自身でギャンブルを抑制できるかどうか次第でしょう。

もしあなたが自分の賭けることのできる額が正確にいくらであるかを把握し、それに従ってギャンブルできるのなら問題はありません。

しかしながら、調子に乗ってしまう傾向にあるプレイヤーの場合は、90分間お金を投入して勝ったり負けたりを繰り返して、時間を無駄にすることになるでしょう。

インターネットギャンブルによってもたらされた変化により、いつどのようにギャンブルをするかに関して、現在同様のことがいえます。スタジアムにいて、生でスポーツを観戦しながら、賭けをするかどうかを決めることもできるのです。

あなたが普段から落ち着いて計算をしたうえで、賭けをするのなら問題はありません。ただし、感情的になってギャンブルしてしまう方は、調子に乗って失態を冒しかねませんね。